ショッピング枠で現金化

クレジットカードの現金化にあたり利用されるのがキャッシング枠ですが、その他にも現金化できるサービスがあります。
それはショッピング枠です。
ショッピング枠の利息など非常に大きいのだろうと思い込んでいる人も少なくないかと思いますが、実は一般的にショッピング枠の利息は5パーセントほどなのです。
例を挙げると、100万円をショッピング枠で使用して5年間返済しなくても利息は20万円にしかならないのです。
コンビニでも現金化が可能で、利息が5パーセントというのですから、非常に便利に利用できますね。

昔金融業者からお金を借りてその返済の際に高い利息に苦しめられた経験をお持ちの方は、「そのときこのシステムを知っていたら…」と非常に悔しい思いでいっぱいなのではないでしょうか。
クレジットカードの現金化の業者間において、ショッピング枠の利用の際のキャッシュバック率は一定になっています。
たとえば10万円から50万円の利用の際には93パーセント、51万円から100万円なら96パーセントです。

つまり、100万円買い物をすれば96万円のキャッシュバックを得ることができるというのですから嬉しいですよね。
急なお金の必要なときには消費者金融がすぐに頭に浮かびますが、消費者金融には何となくネガティブなイメージが付きまとい、気分的に負担を感じたり情けない思いになる人も少なくないようです。
しかしショッピング枠の利用ならそんな気分を感じることなく、急な入用のお金でもすぐに対応できます。
万が一の際に備えて、クレジットカードの現金化についてしておくと損はしませんよ。

現金化のスピードが早い

クレジットカードの現金化を行なう人たちは「スピーディーさ」を求めています。
このことは現金化を行なっているセーフティサポートのサイトを見ればすぐわかりますが、それらの多くが「即現金化OK」とか「最短5分で振り込み」などの言葉を謳っているのはつまりクレジットカードの現金化を利用する側のニーズがこのようなスピーディーさを求めているからだというのが一目瞭然なのです。
ただ、即日振込は高い手数料を取られることもあるので要注意です。

どういうことかというと、どんな仕事でも普通よりも早く仕上げるように発注すれば特別料金や追加料金を請求されるのと同様、即日振込という特別な対応をすることで追加料金が発生するというわけです。
したがって、どうしてもすぐにお金が必要という場合以外は即日振込を依頼しないほうがいいかと思います。
通常のプランであれば、だいたい2週間程度で手に入るはずです。

即日振込以外のプランで申し込めば、代引きで商品が届きます。
そして商品の代金は利用者が希望する金額で請求されるので、その確認後にセーフティサポートからお金が振り込まれるというシステムです。
このようにスムーズに誰でも現金を簡単に手にすることができるので、クレジットカードの現金化は非常に人気があります。
現金化される金額は、業者の設定する「還元率」によって異なります。
この還元率が高いほど利用者の手に入るお金が大きくなるので、還元率の高い業者を選ぶのがポイントです。
中には悪質な業者がいて支払いをしたのにお金を振り込まないというケースがありますが、商品が配達されてその際の書類が手元に残るのでそれを証拠に業者に請求することができるのでリスクの回避ができます。

カード会社への支払い

手元に現金がないときでもショッピングが楽しめるのがクレジットカードの最大のメリットで、その便利さから多くの人が所有、利用しています。
しかし、ほとんどの人はショッピング以外の利用となると、付随しているキャッシングサービスでお金を借りるといった使い方しかしていないのが実情のようです。
ところが、クレジットカードには他にも便利な使い方があるのです。
それが「クレジットカードの現金化」です。
クレジットカードの現金化とはカードのキャッシング枠を利用して現金還元を行なうのですが、その方法は現金化を行なうセーフティサポートからキャッシュバック対象商品を購入するというものです。

現金の必要なときに金融業者の審査などの面倒な手続きの必要なくお金が手に入る点が人気となって、利用する人が増加しています。
しかしその一方、デメリットもある点も認識しておかなければなりません。
そのひとつが、セーフティサポートからカードを使って購入した費用は後日カード会社に支払わなければならないという点です。

品物を購入してキャッシュバックを受けてもそれとカード会社への支払いは別、セーフティサポートから受け取ったお金をすべて使ってカード会社からの請求の支払いができなければ大変なことになってしまいます。
キャッシング枠の上限いっぱいまで利用した挙句、翌月の決済日に全額入金できていないというケースは珍しくありません。
したがって、一括返済が難しいと判断できるのなら、事前にリボ払いや分割払いの設定をしておくといいかもしれません。
大半のカード会社ではあとでリボ払いへと変更できますが、現金化にあたってはこういった事態を想定して、クレジットカードと上手く付き合っていくことも重要です。

消費者金融などで融資を受ける場合の「与信」

お金を借りるときにはいろいろな専門用語がでてきます。今回は【消費者金融などで融資を受ける場合の「与信」】についてまとめておきましょう。

金融について詳しくなければ、いろいろな専門用語に遭遇して、それだけでもゲンナリしてしまいます。「与信」という言葉は融資慣れをしている人ならば耳にしたこともあるでしょう。

「与信」は融資を受ける人が金融機関からどれだけのお金を融資して貰えるのか……その限度額を表しています。消費者金融は企業や個人にお金を融資して、返済してもらうときに利息を加算してもらい利益を得ています。

消費者金融といっても個人に限度額もなく数千万円とかのお金を貸すのはあまりにもリスキーです。その人物の返済能力をオーバーして有ししても返済不能になってしまえば、消費者金融は大きな損失も被ることになります。

そういった貸し倒れをさけるためのルールが「与信枠」なのです。各、消費者金融による審査によって異なります。

■クレジットカードにもキャッシング枠がある
これは消費者金融が個人に与信枠を設定していることと類似しています。限度額を50万円と設定すれば、その範囲で自由にショッピングできます。そのクレジットカードを発行していただく際に必要なことがクレジットカード会社による審査です。

消費者金融のケースと同じように、その人物に支払い能力があるのかを審査します。これを通過しなければクレジットカードを発行してもらえません。発行してもらったあとも決済する日に滞納をしていると信用をなくします。利用停止措置をとることもあるし、将来的にもクレジットカードの発行は困難になるでしょう。

すぐ現金が必要な時に役立つ

クレジットカードの現金化はわざわざ店舗まで出掛けなくてもネットを利用して申し込みができるので非常に便利です。
業者は無駄な軽費を抑えるために敢えて店舗を構えていないのですが、お金のやり取りをするのに相手の顔を見ないというのは抵抗があるという人なら、お店を持って運営しているところを探せばいいでしょう。
ここでは、現在一般的なインターネットを利用した現金化の方法を紹介しましょう。
まずは、ネットでクレジットカードの現金化を行なっている業者を探します。

検索すればすぐにたくさんの業者が見つかりますから、その中から一つを選んでサイトを開きます。
サイトの中には申し込みフォームがあるので、名前や住所、メールアドレスなど指定された項目を入力して口座を指定するだけで手続きは完了です。
あとはメールアドレスに確認メールが届くので確認が済めば、すぐにでも入金が確認できるはずです。
現金化する業者によりますが即日対応が多く、中には1、2時間で振り込んでもらえるところもあります。

すぐにでも現金が必要といった状況に、こういった対応をしてくれるのは嬉しいですよね。
クレジットカードの現金化をする人は増加していますが、その理由の一つが利息が低いという点が挙げられます。
借り入れをたくさんしてもすぐに返済すればほとんど利息支払いがないことも多いので、多くの人が気軽に利用しているのです。

Copyright© 2010 セーフティサポート 換金率の高いクレジットカード現金化サービス All Rights Reserved.